加齢と肝臓・胆道の機能②

機能的肝予備能が70%以上減少すると、加齢に伴う臨床的に重要な肝機能障害が生じる可性が高いとされています。


890682.jpg


肝臓亜全摘や肝炎や肝硬変のような疾患を含む肝障害の研究に基づく報告で、一般に生理的加齢変化では肝機能にそこまでの減少は生じないと考えられています。


老化した肝臓は食事、アルコール消費、タバコの使用、栄養状態、併存疾患、遺伝的要因によるストレスの影響を受けやすくなります。


高齢になっても肝臓の損傷から回復する能力は保たれていると考えられています。